初めての引っ越し!

私は去年の夏、人生で初めて引っ越しを体験しました。
当初は業者がなんでもしてくれると思い楽に構えていましたが始めてみたら凄く大変。
まずは業者に運んでもらうために家のあらゆる小物をダンボールに詰める作業。
最初の仕事でしたが個人的にはこれが一番大変でした。
いろんなところから小物が出てくる出てくる、自分の部屋も妹の部屋も6畳ほどの小さな間取りにもかかわらず二人とも10箱以上になりました。
当然運んだあとに中身を出すわけですからわかりやすいように分別しておくのも一苦労。
そしてまあ要らないモノがこれまた出てくる出てくる。
ゴミ袋も相当使ったと思います。

途中でアルバムや昔の工作物に気を取られていたりと、ダンボールに詰めるだけでゆっくりだったとはいえ3日程かかりました。
詰める作業が終わったら今度は掃除、できるだけキレイに明け渡せるよう頑張りました。
が、これまた大変。
色んなものが整理されて普段掃除できなかったところがいっぱいあって年末の大掃除よりも時間と手間がかかりました。
全体通して大変だったのはこの2行程、業者さんは思っていたよりはるかに手際よく荷物を搬出、搬入してくれました。
多少運び荷が破損したものもあったのですが対応は良(ちなみにアリさんマークの引越社でした)。
きちんと整理していたのでダンボールの開封作業も時間はかからず。

予想よりなかなかハードでしたが中々楽しい初引っ越しでした。

 

引越し 料金の目安
http://aritayakigozen.com/

2015/07/11 01:08:11 |

引越しを頼んだ経験は一度だけですが、今でも印象に残っているエピソードがあります。
大手引っ越し業者に依頼したときのことで、バイト作業員に対して感心させられました。
都内某所、指定時間の午前10時より少し前に引越し業者のトラックが私の当時の自宅に到着しました。
元気な挨拶に清々しい気持ちになりながら、引越し作業を丁寧にお願いしました。
そして、私も現場立ち会いのもと引越し作業が始まりました。
引越し業者の社員とバイトは、それぞれの分担を確実にこなしながら荷物をトラックに積み込んでいきます。
その様子を見ていた私は、あることに気が付きました。
バイト作業員の体型が、社員よりもガッチリしていたことです。
部屋に家財道具がほとんどなくなってきたとき、私はバイト作業員に話しかけてみました。
内容は、どうして社員よりも体格が良いのかについてです。
すると、彼は笑顔で答えてくれました。
引越しのバイトが休みの日には、ジムでトレーニングを重ねているとのことでした。
その理由は、引越作業をより一層スムーズにこなしたいからであると言っていました。
バイトでもプロ意識を持って筋力トレーニングをしている事実に、私は感心させられたものです。

2015/05/07 20:46:07 |

引越しって準備も大変だけど、引越し後全てが片付き、ゆっくりと生活できるようになるまでもなかなか大変です。
私は以前アパートから今現在住んでいる一戸建てへと引っ越してきたのですが、かなり長い間ダンボールやらその他片付いていない荷物が出しっぱなしになっていたものです。
また家具の配置を何度も何度も変えてこれだという配置になるまでにも時間がかかりました。
例えばソファは引越し後三度ほど配置を変え、ようやく今の位置へとたどり着いたのです。
そして他にも引越し後にはしなきゃいけないことがたくさんあります。
例えばご近所さんへの挨拶回りなども大切です。
我が家の場合は洗剤を持って挨拶回りをしましたが、これも留守宅があったりして、何度か足を運んだものです。
こうしてようやく全てが片付き、元の生活ができるようになったのは一ヶ月ほども後のことでした。
今から思えばもう少し早くさっさと片付けてしまえば良かったなと思うのですが、引越し準備や引越し当日の作業で疲れてしまい、なかなか片付かなかったのでした。
しかしそんな苦労はありつつも新しい環境での生活というのはワクワクするものです。
私も引越し後しばらくの間は毎日がとても楽しかった覚えがあります。

2015/04/07 07:40:07 |

引越しするとき、けっこう疲れました。
まず物件探しからですが、条件に合うところを賃貸業者に尋ねて、わざわざ現地に下見に行く必要があります。
これは何度か引越ししていると、省略したい部分です。
だいたいは家賃相応になっていて、高ければ高いほど条件がよくなります。
ペットを飼う場合は、ペット可のところにします。
数回、仲介の車で現地をみて、その場で決めてもよいし、気に入ったのがなかったら別の機会にしてもよしです。
数箇所回って、ここにしようかなと思ったところで2年契約になるから、ちょっと慎重になります。
そういうスパンを経てようやく絞れてくるまで、悩みすぎると疲れてきます。
ようやく住まうことになって引越し作業にも、行ったり来たりです。
車で3往復ぐらいして、いろんな荷物を運んで引越しします。
折りたたみベッドをかかえて、テレビをかかえて、活動的に動きます。
台車なしでもどうにか運ぶことはできます。
2人でなくても、1人でも折りたたみベッドやテレビは運べます。
タンスはおそらく2人いりますが、もとより所有していなかったら運ばなくて済みます。
ベッドとテレビがあれば、家具はおおよそ終わりです。
あとは衣類や生活用品が中心です。

2015/02/23 15:22:23 |

引っ越しと聞いてまず思い浮かべること。
「面倒くさい」の一言ではないでしょうか。
 段ボールに物を詰め、新しい家で物を並べ直す。
それはとても大変な作業です。
引っ越しは面倒くさいこと、とずっと思っていました。
その思いを変えたきっかけが、失恋でした。
十年付き合った彼に別れを告げられ落ち込んでいた私。
そんな私に「引っ越しなよ」と親友が一言。
「彼との思い出だらけの家に住み続ければ気が滅入っておかしくなる。
だから引っ越したほうがいい」というのが親友の意見でした。
考える気力も失っていた私はその意見に従いました。
しかし、業者から送られた段ボールを前にすると「面倒くさい」という思いが大きくなりました。
ですが、引っ越しの期限は迫っています。
仕方なく、クローゼットの奥から手を付けていきました。
最初に出てきたのは彼の服。
落ち込みましたが、泣きながらもゴミ袋に入れました。

すがりついても元には戻れないと言い聞かせて。
ですがこの作業を繰り返しているうちに、だんだんとクローゼットの中が片付いてきたのです。
彼との思い出が詰まった物を捨てたら、かなりすっきりしました。
何よりすっきりしたのは、自分の気持ちでした。
この機会をきっかけに、引っ越しは「家も心も片付くもの」へと変わりました。
それ以来、新しい環境に身を置きたいときは引っ越しをしています。
そのおかげで、いつも家も心もすっきりな人生を送っています。

2015/01/31 03:40:31 |

5月に入り、、この春に就職・進学等で引越しをした方にとっては、ようやく落ち着いてきたころかと思います。
まだ、部屋の荷物が片付いていないという方はいらっしゃるでしょうか。
引越しにおいては、引っ越す際の荷造りをするのが一番大変というイメージがありますが、実は新居に荷物を運びこんだ後の配置が大変でもあります。
できることなら、新生活を始める前に、部屋の間取りは分かっているのですから、ある程度のレイアウトを考えておくのがベストです。
このように準備しておけば、引越し時に余計な荷物は処分してしまいますし、引越し後もスムーズに設置作業が進みます。
これがもし準備をしていない場合は、改めて不要な荷物が発生する場合があります。
せっかく引越してきていい気分で生活をしたいのに、また不要物の処分のために荷造りをしなくてはいけないとなってしまっては本末天道であります。
ですから、引越しの際は引っ越した後のことも考えて準備に取り組んでいただきたいものです。

 

2015/01/14 13:09:14 |

うちは転勤族で引越しが多いんですが、今までで一番丁寧だったのは実は赤帽でした。
まだ独り暮らしのころでしたが、全く引越し準備ができてないにも関わらず、担当のおじさんは一緒に荷造りしてくれたばかりが文句の一つもいわず終始にこやかでした。
繁忙期でなかったからかもしれませんが、とっても助かりましたよ。
反対に大手引越しチェーンでお願いしたときは、さすがに手際は良かったですが、繁忙期だったせいで荷物が当日来ませんと言われ、まぁそれはいいんですが、センターかどこかで積み替えたときに荷物を半分どこかに忘れてきたみたいで、TVとか1週間以上先にならないと持って来れませんと言われました…。
あんまり腹がたったのでもちろんクレームを入れたら、なんとか業者を手配して翌日菓子折りとともに運んできましたが、値引き等は一切ありませんでした。
こちらから言えばあったかもしれませんが、思いつかなくて。
後になって、あんなひどい対応だったんだからそれくらい言ってみるべきだったな、と思いました。

2015/01/14 13:08:14 |

これまで何度かの引越しを経験していますが、最近の業者の手際良さはとてもいいと思います。
先ず、見積もりを数社お願することから始めて、比較する方が賢明です。
1社の見積もりを2社目に提示すると、良心的に値引きをしてくれます。
引越し業者の競合が多いので、できるだけ安く見積もる努力をしてくれるのです。
距離や時間、週末かどうかによっても値段はかなり変わります。
もちろん荷物の多少によっても変わってきます。
一人の場合は単身パックを利用するとかなりお得だと思います。
時間帯を選ぶなら夕方以降です。
またウィークデーが割安になります。
丁寧で値段がやすくなれば言うことはないのですが、引越しはなにかと出費が嵩むので費用とサービスを重視してもいいと思います。
段ボールを無料で提供してくれる業者はほとんどですから、さらにサービスを求めるならあとは業者独自の特別サービスがあるかどうかです。
エアコンの取り付けが無料かどうか、また、廃棄物の処分が無料かどうか。
さまざまなサービスを考慮の上選ぶと、さらに費用をかけることなく引越しができます。

2014/06/05 04:11:05 |

今から二十八年前、上の子供が二歳になった年のことでした。
主人は三人兄弟の末っ子で主人の実家では子供はみなひとり立ちしていました。
ちょうどその頃、私は下の子供を身ごもり妊娠三か月目でしたが流産の兆候が見られ、それを心配した義母が「部屋も空いているし、実家で一緒に住めばいい」と言ってくれました。
優しい義母で実の母のように慕っていたこともありすぐに引越しを検討。
二週間後には荷物も運びこみ、新たな生活がスタートしました。
医師には「なるべく安定するまでは安静を心掛けてください」と指示されていたので引っ越す前に話し合い、当面は義母が仕事帰りに夕食の材料を買って戻ってから一緒に夕食の準備をすることになっていたのです。
しかし、いつも家にいる義父は昔気質の人間で『嫁が家のことをするのは当たり前』といった風潮がありました。
もちろん、事情は前もって説明していたのですが寝たり起きたりする私が気に入らなかったらしくいつも不機嫌そうでした。
たまに義母が仕事から戻るのが遅くなり夕食の準備が遅れようものなら、ここぞとばかりにどなる始末。
何度かそんな場面に遭遇し、私への不満から義母に当たり散らす義父にとうとうキレてしまい口喧嘩へと発展……。
止めに入る義母は止まらないケンカにおろおろして泣き出してしまい……挙句がやってきた親族のおばちゃんが仲裁に入っておさまった次第です。
仕事の帰宅が遅い主人は事の真相を親族から聞き、どちらの見方もできないものの呆れた顔で私を見ていました。
それでも一度吐いたものは呑み込めず、その場にとどまることもできなくなって、その夜電話で片っ端から引っ越し業者を探しました。
無理を承知で翌日引っ越しを頼み込んで、運よく元いたマンションもまだ空いていたためすぐに再契約を交わし、次の昼には実家を後にしました。
一度は期待に胸ふくらませ引っ越したはずなのに、わずかの間に二度の引っ越し。
泣きながら引越しトラックを見送る義母の小さくなっていく姿に、残ったものは義母への申し訳なさと後味の悪い苦い思いばかりでした。

2014/06/05 04:10:05 |

線路を挟んで、北側から南側のアパートへ引っ越したことがあります。
線路の南側は市の大型プロジェクトで再開発が目覚ましく、北側の昭和のまま取り残されたような地区に住む私からするととても羨ましい街並みでした。
アパートの家賃は若干上がってしまうのですが、思い切って引っ越すことにしたのです。
距離的にはすぐ近くなので引っ越し屋に頼むまでもないだろう、と友人一人に応援を頼み、レンタカーで軽トラックを借り引越し作業を始めたのですが…その時初めて、大きな問題点に気付きました。
近くの踏切が一方通行で、北から南へは通行できず、南側へ行くにはもう一つ向こうの踏切を通過するか、さらに大回りして陸橋の上を通らないといけないのです。
普段は自転車しか乗らないので全く気付きませんでした。
慣れない引越し作業と、予定外の移動時間増加で、引っ越しは朝から夕方までかかってしまいました。
友人には申し訳ないことをしてしまいましたが、私もヘロヘロにくたびれてしまいました。
やはり引っ越しはプロに任せたほうが本当にラク、と痛感した1日でした。